上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
大人の時間、オッドアイより、カフェのメニューをご紹介します。


【焙煎職人オリジナル珈琲・「ウチカワ・ブレンド」】


coffee.jpg


オッドアイの要、それは「珈琲」です。

何を隠そう、実はこの「珈琲」が飲めるカフェは、唯一オッドアイだけです。
焙煎職人の内川さんが、オーダーを受けてから、丁寧に焙煎してくれた豆を使用
してます。

ブレンドは、「ブラジル」をベースとした、クラッシックな味わいが特徴の、
どちらかというと、アメリカンではなく、ヨーロピアンブレンドです。
内川さんのお話によると、「19世紀から親しまれてきたブレンド」だそうです。

今風でない、どこか懐かしい香りと、かすかなほろ苦さ。

「コーヒー」ではなく、「珈琲」。

写真作品を眺めるもよし。読書に耽るもよし。煙草を一服するもよし。
お友達と語り合うもよし。たまには店主とも口きいてください(笑)
訪れた方のお話を聞くのが営業の愉しみです。

オッドアイでは、日々の喧騒を離れ、
ゆっくり「珈琲」を味わう、「上質な」時間と空間を演出しております。

街におでかけの際には、ぜひお立ち寄りください。
お待ちしております。

※店主と関わりの深い作家を紹介する 『オッドアイ・コネクション展』として、
現在、岡林晃さんの細密鉛筆画を展示しております。御観覧下さい。


【コーヒー好きの映画】
ジム・ジャームッシュ監督・「コーヒー&シガレッツ」


タイトルそのまんまですが、この映画、理屈なく好きです。
映画としてはかなり雑なほうだと思います。
オムニバス形式で、前編モノクロ、キャストの個性っぷり、カッコいいです。
特にトム・ウェイツとイギーポップの話がたまらなく面白い。
安っぽいコーヒーショップで、かなりおっさんになった二人が昔話をしながら、
時折、すんごいわざとらしく、

「う~~ん、コーヒー最高」「最高に美味いぜ」

と言うシーンには、感電したような気分になります。
コーヒーにミルクと砂糖をどばどば入れてかき混ぜるのも、かなりショッキング
です。
イギリス映画って、独特のユーモアがありますね。
この他ビル・マーレイやケイト・ブランシェットなどが出演してます。

コーヒーとタバコの煙がたまらなく好きな方、ぜひご鑑賞ください。
1回観ても、ふとたまに観たくなる、そんなクセのある映画です。

コーヒー&シガレッツ・オフィシャルサイト↓
http://coffee-c.com/
2007.03.31 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://oddeyefinder.blog83.fc2.com/tb.php/11-735d0471