上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
J.R.R.トールキン『妖精物語の国へ』中
「神話を創る(原題”Mythopoeia”)」より
(杉山洋子訳・ちくま文庫)



神話は嘘の話、だから価値がない、たとえ
  銀の笛で奏でられようと、と言った人へ

  フィロミュトスよりミソミュトスへ
(神話を愛する人から神話嫌いの人へ)

 君は木を見て、木となづける、
 (なぜなら木は<木>だし、生えるは<生える>だから)。
君は地球を歩く。宇宙にあまた在る
 小惑星のひとつをもったぶって踏みしめる。
 星は星だ、なにやら球形をした物質で、
 冷たい無限の空間を厳密に編成された
 道のりに従って動いている、
 毎秒、定めのままに、無数の原子が死にゆくなかを。

 大いなる意志はわたしたちに従う(従わねばならない)が、
 ただぼんやりと知るだけで、
 大いなる行進は続き、<時>は
 暗い始まりから不確かな目的地へと開示してゆく、
 筋書がわからない物語を。
 文字と色もあやに描かれた
 無数のかたちが群れをなして現れる。
 恐ろしいもの、か弱いもの、美しいもの、奇妙なもの、
 それぞれ異質であって、あぶ、人、石、そして太陽。
 神は石質の岩石、樹木のかたちの木木、
 地球のかたちの地球、星型の星、そして
 地上を歩き、光と音に触れると
 うずいて震える神経を持ち、人のかたちをした人をお創りなされた。
 海のうねり、木木の枝を吹く風、
 緑の草、ゆっくり動く大きくて奇妙なかたちの牛、
 雷と稲妻、空に輪を描き飛び鳴く鳥、
 泥から這いあがって、生きて、死ぬなめくじ、
 みな、ひとつひとつ
 脳のしわにきちんと刻まれている。

 木はまだ<木>ではない、木と名づけられて、見られるまでは。
 人が言語のこみいった息づかいを解きほぐすまで、
 木は木という名前を持たなかった。まだ世界の
 発する微かなこだまとおぼろげな絵、
 音もかたちも捕らえがたい
 予見、判断、そして笑い。
 木木や獣たちや星星の生死を告げる
 深い動きに心動かされて
 人は木を木と呼んだのだ。
 見えない壁を掘り崩し、経験から先見を見つけ
 感じたことから知識を掬い分けて、
 囚われていたものを解き放った。
 人はゆっくりと自らのなかから偉大な力を採り出した。
 振りむくと妖精たちが
 巧みに鍛冶場を作り、
 秘密の織り機で光と闇を合わせるのを見たのだ。

(つづく)
2010.05.24 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://oddeyefinder.blog83.fc2.com/tb.php/232-255d5ab1