上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
アート情報交換会の報告です。

【街場のアート情報交換会『TAKE ART』(テイクアート)】

アートやイベントの活動をしている方、また関心のある方に集まっていただき、
アートやイベントに関する情報や意見を交換する座談会をオッドアイにて、
二週間に一度の頻度でおこなっております。

現在、不肖私オッドアイ店主・サイトウが情報交換会のまとめ役として、
暫定チェアマンをさせていただいております。

すでに第一回、第二回と情報交換会をおこない、
美術、音楽、自主上映、ダンス、雑貨等、
さまざまなジャンルの方々に参加いただきました。

そして第三回目は3/9(金)に集まっていただきました。
アートの動向に関心のある高知工科大の学生も参加してくれました。

前回の提案より、暫定チェアマン(サイトウ)が指定する
コメンテーターの方に音頭をとっていただきながら、
座談会を進めていく形式を始めてみました。

初回である今回は、北村真実さん(音の広場・カプリース主宰)に、
「裏方の楽しみ」というテーマでお話してもらいながら、
各ジャンルからの意見&情報交換をしていきました。

話題のなかで、現在、街場のアート活動に最も必要なこととして、

「裏方(事務/現場)」「促進者/誘う人」「伝える人」の募集・奨励

が挙がりました。

文化的な活動全般に言えることですが、アートを活動する側と、観客・愛好家側のあいだに、
直に接して協力する人材・スタッフが必要であると思います。
こうした人々の活躍は「裏方」であるため、目立つことはありませんが、影の功労者であり、
イベントを支える重要な人材です。

「裏方」の役割は実にたくさんあります。

アーティストを紹介・仲介する人、広告を作る人、
DMやチラシを配布する人、宣伝・告知する人、
設営・撤収を手伝う人、当日会場を管理する人、
記録や資料を残す作業をする人……etc。

最近では、個人のブログで展覧会やイベントの体験を書く、ウォッチャーもいます。

これらの支援・協力活動も、アートとともに文化への具体的な貢献であり、
実質的な「文化の担い手」だと思います。

そういう人材を、アート活動する側が強く募集し、
また裏方活動を「文化的な取り組み」として奨励する姿勢、環境が必要です。

このことについては、なかなか話のスケールが大きいので、
今後も時々オッドアイで話題にしていきたいと思います。

また、

「他のジャンルの運営・活動の仕方を知ることは、自身のジャンルに役立つのでは?」

という話も出ました。

どのジャンルでも、運営や段取りについてそれぞれ上手に工夫をされてます。
そのノウハウや経験を、情報交換会のような場で互いに公開して、
共有していけるようになれば、今後の活動に非常に役立つと思われます。
別に「企業秘密」というわけでもないようで、
実際問い合わせてみると、皆さん詳しく教えてくれます。

他にも工科大生より、「サイエンス・カフェ」の話が出ました。
科学とテクノロジー側からも、街場へと交流を図っていく動きとして、
カフェでトークイベントを定期的におこなっているようです。
そういった街場の中で、サイエンスとアートの交流が生まれれば、
さらに面白くなるのでは?と思います。

これからも情報や意見を交換するホットなスペースにしていきたいと思いますので、
各ジャンルで活動される皆さんからのアート&イベント情報のご提供、ご協力のほど、
よろしくお願いします。

【次回の情報交換会】

3/26(月)の夜7時~9時 オッドアイにて

を予定しております。(1ドリンク100円オフ)

コメンテーターは、山中雅史さん(市民ギャラリーの会)
テーマは「きどらないアート」です。
地域の芸術事業を世話している方ならではのお話が聞けると思います。

ぜひお誘い合わせのうえ、お気軽にお越し下さい。
2007.03.23 Comment:2 | TrackBack:1
Secret

TrackBackURL
→http://oddeyefinder.blog83.fc2.com/tb.php/8-7aaa2f94