上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
4月25日(金)の演奏会の時間に訂正があります。

【楽器奏者 GAKKISOJA】
■第十回 「アイリッシュ・フィドル&フルート」

 19:30開場/20:00開演


です。大変失礼しました!
アイリッシュとの関連で、思い出したのですが、
クリント・イーストウッド監督の映画
『ミリオンダラー・ベイビー』のなかで、
クリント・イーストウッドが演じる
ボクシングジムの老トレーナーが
アイルランドの偉大な詩人
W.B.イエイツの詩を読むシーンがあります。
「イニスフリーの湖島」という詩です。


“The Lake Isle of Innisfree”
William Butler Yeats

I will arise and go now, and go to Innisfree,
And a small cabin build there, of clay and wattles made;
Nine bean-rows will I have there, a hive for the honey-bee,
And live alone in the bee-loud glade.

And I shall have some peace there, for peace comes dropping slow,
Dropping from the veils of the morning to where the cricket sings;
There midnight's all a glimmer, and noon a purple glow,
And evening full of the linnet's wings.

I will arise and go now, for always night and day
I hear lake water lapping with low sounds by the shore;
While I stand on the roadway, or one the pavements grey,
I hear it in the deep core of the heart.



訳はこちらのサイトで紹介されています↓
http://homepage3.nifty.com/TAD/poems_1/poem_63.htm


そういえば、
マイケル・ケイト・ジョーンズ監督の映画
『メンフィス・ベル』でもイエイツの詩が朗読されていたような。
2008.04.23 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://oddeyefinder.blog83.fc2.com/tb.php/89-b4e3e689